営業も出来る技術者

婦人

セールスエンジニアの仕事

セールスエンジニアの仕事は、コンピューターに関わる問題を解決するためのスキルと顧客へ自社製品の導入などをアプローチする営業を行います。営業から働くのではなく、技術者から営業に移るという流れでセールスエンジニアになっていくことが一般的です。

お客目線で仕事ができる

セールスエンジニアは常にお客と接しながら仕事をしていきます。そのためお客目線に立ちながら工夫をしていき、ニーズに応えられた時の達成感は大きなものとなります。技術者と営業の両方を兼ねているので重要な役職になっているのです。

アピール力やトークスキルも必要

営業を行なうセールスエンジニアにはPCスキル以外にもトークやアピール力が必要になってきます。腕がいいエンジニアでもお客と接するために会話やどのような事ができるのかのアピールがなければ仕事をもらうことが出来ないのです。

エンジニアに共通する必須スキル

セールスエンジニアを始めとするエンジニアの職種に欠かせないスキルとしてプログラミングスキルがあります。このプログラミングスキルはネットワークの構築から改善まで様々な分野で欠かせないので、IT会社に採用してもらいたいと思うなら取得しておきましょう。

エンジニアの仕事に就くための流れ

専門知識を身につける

エンジニアの仕事にはプログラミングやネットワークの知識が欠かせません。これらの知識を身につけるために学校に通ったり、独学で勉強をする必要があります。

企業によっては専門知識が要らない

ある程度パソコン操作に慣れている場合であれば、企業によっては情報処理の能力がなくても採用する場合があります。実践スキルよりも個人の能力や伸びしろを重要視している企業であればこうした採用を行なっているケースもあるようです。

エンジニアになる前に下積み

勉強して知識を身につけたからといって、すぐにエンジニアの仕事に就ける訳ではありません。下積みとしてアシスタント業務の経験を積むことがほとんどです。この経験をしていると臨機応変に対応できるエンジニアになれるでしょう。

エンジニアに似ているプログラマ

プログラマとエンジニアを誤解する人が多いのですが、エンジニアはシステム設計、プログラマはそれを形にする仕事を行なっています。プログラマとしての経験はエンジニアの仕事にも通じる部分がたくさんあるのでこの仕事からエンジニアになることも多いです。

情報処理からエンジニアへ

一般企業の中にも情報処理の部署を設けている場合があります。初めは簡単な処理作業だったものが経験と知識を得ながら働くことで、自然とエンジニアとしての仕事を行なうこともあります。この場合は専門的なエンジニアというより社内限定エンジニアになるでしょう。

広告募集中